カテゴリ:文章/words( 18 )

"kompass"

幾何への欲と意と、絵心琴触れた。ウロコ、これを剥いだ私が家を視た。
残る何か、場所、軸、差を敷いて座る。雲追い旋回、眺めは二点。線か意。
画、コンパスを差し何度か、どんな示唆を。スパン越え。
いかんせん手には目がない。感性をも狂わす手。意思を削除し、馬鹿になる。
この民を栄華した話題は折れ、心打たれ、フトコロ凍え、問い解く、世の絵、描き。

きかえのよくといとえごころことふれたうろここれをはいだわたしがいえをみた
のこるなにかばしよじくさをしいてすわるくもおいせんかいながめはにてんせんかい
えこんぱすをさしなんどかどんなしさをすぱんこえ
いかんせんてにはめがないかんせいをもくるわすていしをさくじょしばかになる
このたみをえいがしたわだいはおれこころうたれふところこごえといとくよのえかき
[PR]
by toga-c | 2014-03-06 01:22 | 文章/ words

"the words has not name"

詩。名は無い。
「関係ないのと一人編もう。そんな絵さ。心打つ賛歌を奏でろ琴。記号も意味もおのれ。」
/そこに立つ。持つ、意思と言う糸よ。
/線滲み染み、僕の目が遠見し、それら、その場の嘘か
、否か。白い色しかない。
/仮想の場の空レソシミ、音が目のくぼみ染み、自認せよと言う。
/愛しい積もった二個。それの重み、胃も動き。
/ところで、中を観察。鱗こさえ、何層もあり、と、人のいない見解。
名は無し。

しなはないかんけいないのとひとりあもうそんなえさこころうつさんかをかなでろこときごうもいみもおのれそこにたつもついしといういとよせんにじみしみぼくのめがとおみしそれらそのばのうそかいなかしろい
いろしかないかそうのばのそられそしみおとがめのくぼみしみじにんせよといういとしいつもつたにこそれのおもみいもうごきところでなかをかんさつうろここさえなんそうもありとひとのいないけんかいなはなし
[PR]
by toga-c | 2014-03-06 00:00 | 文章/ words

というようなことを書いて、更に1年以上も放置し、
さすがに誰も見ていないとはいえ、
恥ずかしながら自分の名前を検索するとやはりまずこれがでてしまう。
久しぶりに個展の話しが決まったこともあって、
なにか自分の情報を得られるものにしなくてはいけないと改めて思い、
個展情報と
以前にFacebookにあげていたものなど含めて、慌てて連投する。
[PR]
by toga-c | 2014-03-05 23:59 | 文章/ words

竜巻舞い立つ。立ち見所、ここのものも遠のく「安全、無事」と凍える音がしたわ。
そこに立った俺。その”美しみの谷”という底を見た。
多分全部見せ場の新作沢山忍ばせ、身分全部畳み興そう。
糸に頼みし苦痛のそれを断つ。
谷こそ私が通るエゴこと自分、善悪の音、物、者、心、事、道。たった今、決まった。

d0101623_2425562.jpg


たつまきまいたつたちみところここのものもとおのくあんぜ
んぶじとこごえるおとがしたわそこにたつたおれそのうつく
しみのたにというそこをみたたぶんぜんぶみせばのしんさく

くさんしのばせみぶんぜんぶたたみおこそういとにたのみし
くつうのそれをたつたにこそわたしがとおるえごことじぶん
ぜんあくのおとものものこころことみちたったいまきまつた
[PR]
by toga-c | 2012-01-13 02:44 | 文章/ words

2012

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
[PR]
by toga-c | 2012-01-13 02:00 | 文章/ words

k-A-i-bunkai-B-un-C-learance/2/

<星のかなたにいたのが人であった>ーーーーーーーーーーーーーーーー
四方倣うカルマ背に、ん?原子力。おいでー、ピストルより凄い火の雨。
あの日以後すり寄ると、スピーディ置くより震源に迫るか、占う星。

ー世間で必死に生きているさなか、おそろしい力を持つ原子力には違和感をおぼえる。
あの地震の日からは、科学よりも自然、ことに宇宙レベルでの思惑が必要になっている。ー

シホウナラウカルマセニンゲンシリョクオイデーピストルヨリスゴイヒノアメ
アノヒイゴスリヨルトスピーディオクヨリシンゲンニセマルカウラナウホシ

(s/i/ho/un/ara/uk/a/rum/asening/en/sir/yo/k/uo/ide-/pis/u/to/ruy/or/is/ugo/ihi/noa/mean/oh/ii/go/sur/i/yo/r/u/to/spi-d/i/ok/uy/or/i/sing/en/nis/ema/r/uk/a/ur/an/auh/os/i)

<津波>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そこにいつからか心は枯れらされ、津波、
オオ皆連れ去られ。「変わろ」ここからか、遂にこそ。

ー変わるのは今だとおもう。ー

ソコニイツカラカココロハカレラサレツナミオオミナツレサラレカワロココカラカツイニコソ
[PR]
by toga-c | 2011-09-29 21:00 | 文章/ words

2011,4,2

 絵描きを変人扱いにする思想の持ち主がいまの世にもたくさん
のこっているのでこまることがたびたびです。札樽バイパス問題
解決の祝賀会では異色タレントのあいさつと紹介され、普通の人
と変わっている方といわれて文章を書かされ、[画伯]などと伯
の字を余分につけられるのにも参ってしまうというよりいやな気
分にさせられます。
 普通とはどんなことかと絵を描きさがし求めている私の生活で
すから、だれよりも私が一番普通の人間に近いつもりなのですが
。この年になっても頭を長髪にしているのは、季節の風が長髪を
なびかせ、その季節の感触を鋭く味わえるからです。坊主刈りや
ポマードのテカテカ髪では、自然に住む人間として困るからで、
第一不自然です。※
 普通でないといえば、数年前ある大先輩の有名な画家が展覧会
の初日に自作の陳列場所のことでワイワイいい争っていたのには
あきれ果ててしまった。『わがままなボス的気分を持つように変
わってくると、良い芸術作品が造れなくなるということぐらい自
分でわからないような頭ではあまり利口ではない』『自分の作品
にけんきょさと自身を持っていない証拠だ』などといわれていた
。そんなボス的感情、考えを持ったら最期、反人間的な反芸術的
なものしかできなくなって、いわゆるマンネリズムの悪い作品ば
かりを平気で造っている有名人たちがたくさんいます。政治も親
分風になると誠に妙な具合になってしまっている大国を見ると、
ますますボス気分は人間にとってだめだと感じます。赤泥を海に
投げ棄てても大したことないと公言する郷土にとって不名誉な大
学の先生、名誉心で内蔵を移植した医学者、カドミウムで汚れた
米を普通の米に少しぐらいまぜても有害有毒でないと断言した役
人、みんな変わっている。
 手稲山の山腹には雪どけの下から福寿草が銀黄色の花をひらく
であろうし、私の家の近くの雑木林の中の湿地帯には白い水ばし
ょう(蛇の枕)が一面に野性的なたたずまいで咲き出す季節が訪
れ、手稲の自然はすっぽりと包んでくれる、自然はみんなのもの
、どんな人たちは私の仲間であるかを自然の景色は私にわからせ
てくれます。
(しんぶん赤旗 コラム散策路)
/1972(昭和47)年4月19日 富樫正雄

(※当時一般人の坊主頭は多分今より少なく、現代人の坊主頭及
び坊主を否定するものではないです。ちなみにとある坊主によ
ると坊主頭はむしろ風を頭皮で直接感じることができる。とのこ
と。)
[PR]
by toga-c | 2011-04-02 18:33 | 文章/ words

倒置法による、ご挨拶。

おめでとうございます。明けまして。

昨年末に時間が経つのが早いと思うのは結果論というか後になっての感想であり、時流のなかにあるときにはそれなりの時間、実感というものを経験しているはずだというようなことを書きましたが、その記事を書いた年末からここまでの2週間前後、なによりも今思うことは時が経つの早い..
d0101623_0494391.jpg

d0101623_0495870.jpg

[PR]
by toga-c | 2011-01-08 01:02 | 文章/ words

〜のである。

時が経つのは早いようで今年もあとわずか、とも思うがそれは過ぎてしまってからの感想で、例えば一年前に描いた絵を見て、この時の記憶は随分昔のもののようだと思うものもあるし、一年間で変わったことを追ってみてこんなにも自分のなかを色んな考えが通って行き、実際に自分が色んな体感を通ってきたかと思うと、例えばその一年の間にはただ過ぎてみて早いと思うだけではないそれなりの”時間”が含まれていると思うのである。
”時間”はそれぞれの感覚によって流れる早さが違う。という意外なことを意外にも思い始め、やはり世界を作っているのは宇宙を唯一進め続けている時間ではなく自分の感覚であるとこれからの時間に向けて思い直したのである。
[PR]
by toga-c | 2010-12-26 04:45 | 文章/ words

-We go to the beach-

先日帰国の知らせを受け、翌日朝撤回された、
モワつく暑さが私を包み、暑さそのものを憎み始めた、
その時私が思ったことは、あ、そうだうみにいこう

d0101623_23574366.jpg
d0101623_23561234.jpg
深水灣
[PR]
by toga-c | 2010-06-25 00:44 | 文章/ words


ex)富樫オンザ宇宙


by toga-c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

LIリNンKク -コチラモ↓-

Home Page


///////////
togashikan
****************
Kan Togashi
^^^^^^^^^^^^
togasikn@gmail.com
[{}][{}][{}][{}][{}][{}][{}][{}]

カテゴリ

全体
文章/words
絵/a piece
展覧会/Exhibition
コンセプト/Concept
イベント/Event
動画/Movie
スケッチ/Sketch
風景/scenery
旅行/travel
作品/product
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

画像一覧

ライフログ





検索

記事ランキング