2011年 09月 19日 ( 2 )

cry for the moon

CRY FOR THE MOON 2011
世界をくずしたいなら泣いたしずくを生かせ
十三夜、十四日月と、築百年の古屋敷を舞台に、あらたな領域に踏みだす十三のパフォーマンス

------------------------------------
すごいバランスよかったです。
トップのハットコペさんから二日目最後の山田航さんの回文劇まで、
ずっと独特で妖艶な空気が流れていました。
やはり室野井さんと幾郎さんのパフォーマンスが抜群に重みがあったように感じました。
d0101623_1459741.jpg



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
"moon has not mean" --- togashi
それ自体は光らない、絵も月も。人の目が得るのは光を浴びた絵や月であり、言うなれば光そのものである。只そこにあるだけでは、絵も月も意味を持たない、名は持っていても 。ただそれらが人の目に映るとき、五感に映えるときに人は意味を得る、だろうか。光を通して。 
音楽・高橋幾郎

映像
d0101623_15133472.jpg
d0101623_15135394.jpg
d0101623_15193543.jpg
d0101623_15204291.jpg
d0101623_15221291.jpg
d0101623_1525305.jpg


幾郎さんの音がやばくて、それが響いていました。
photo by nacamoo
movie ありがとうございます ヤスイさん 幹男くん
[PR]
by toga-c | 2011-09-19 23:00 | イベント/Event

nigaoe

共産党青空まつりで似顔絵を描きました。
似顔絵を描くのは楽しく、出来(デキ)は似ているか、絵としてよいかのどちらかを満たしていれば成功ということになります。
遊びで描いているうちは、失敗ごめんもう一回お願いというのもあり得ますが、
お金をいただいてこれを描き差し上げます。という状況では、ああやべ、とかうわこれは、、とか
は言えないし、とにかく失敗できない。
しかも人は、人物像や抽象画を見たときにはこれがいい絵なのかわからないという判断になることがよくありますが、自分の顔を描いてくれたその絵の評価、似ているかどうかは別として気に入ったか気に入らないかはすぐにわかります。
前に60代くらいの女性が、あらー似顔絵かいてもらおうかしらーどきどきするわ。と、
愉快に現れ、描き始めて10分くらいしたころには目は沈み、私も年をとったわ一応お金は渡します。
と絵をどこかに置いて帰ってしまったことがあります。皮肉にも僕の例の条件の、似ているか、は満たしていたように思っていました。が、それだけではダメなようでした。
ということもあり、次の女性にはしわは描かず、鼻は少し小さめにと、描くと
あらー随分きれいに描いてくれたのね、ありがとうねしわも描かず鼻も小さく描いてくれて・・・・・バレてる。これが一番切ないし悔しい。
そういうわけで本当にむつかしいのですが、やっぱり楽しいし、それこそすぐに結果がでるというところも面白いので、なにか、、もっと自由に、似顔絵ということを思いすぎず、その人をモデルに「絵を描く」という風に考えれば、もっと絵も気持ちも面白くなるのかもしれない。
先日は6人描かせてもらいました。どれもエキサイトしました。ありがとうございます。

d0101623_1341339.jpg
d0101623_1412164.jpg

d0101623_14224944.jpg

一枚額付き(額 made by Daiso) 1000円
at 青空まつり in 鉄北小学校
※※※※※※※
[PR]
by toga-c | 2011-09-19 21:26 | イベント/Event


ex)富樫オンザ宇宙


by toga-c

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

LIリNンKク -コチラモ↓-

Home Page


///////////
togashikan
****************
Kan Togashi
^^^^^^^^^^^^
togasikn@gmail.com
[{}][{}][{}][{}][{}][{}][{}][{}]

カテゴリ

全体
文章/words
絵/a piece
展覧会/Exhibition
コンセプト/Concept
イベント/Event
動画/Movie
スケッチ/Sketch
風景/scenery
旅行/travel
作品/product
未分類

以前の記事

2015年 12月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月

画像一覧

ライフログ





検索

記事ランキング